日焼けの原因紫外線対策!外と室内の効果的なスキンケアは?

肌老化
Processed with VSCO with c7 preset

スポンサーリンク

 

 

miya
miya

こんにちは、miya(@skincare_lab)です。

 

 

 

 

寒さが和らぎ、暖かくなってきましたね。

 

 

暖かくなってくると気になるのが「日焼け」ではないでしょう?

 

日焼けは肌に様々な影響を与えてしまいますよね。

 

 

 

そこで今回は日焼け対策日焼けに効果のあるスキンケアについて紹介していきたいと思います。

 

日焼けはなぜ起こる?

日焼けは、紫外線を皮膚に浴びることで起こります。

 

紫外線がメラニンの保護能力を超えたときに、皮膚が赤くなったり、痛んだり、浅黒くなったりすることを言います。

 

 

紫外線は7~8月がピークですが、4~5月にかけて急上昇します。

 

1日の中では12時から徐々に多くなり、14時頃がピークとなります。

 

 

 

また紫外線は冬や曇りの日でも常に降り注いでいます

波長によっては窓ガラスを透過するため、室内でも油断は禁物です。

 

 

*紫外線の波長については、こちらの記事を参考にしてください。

正しい紫外線対策?紫外線の特徴と正しい日焼け止めの選び方

 

 

日焼けが肌に与える影響とは?

紫外線はシミ、シワ、たるみ、そばかすなどを引き起こし、肌の老化を一気に加速させてしまいます。

時には皮膚がんを生じることもあります。

 

 

肌老化の8割が紫外線による「光老化」と言われているそうです。

 

 

*光老化についてはこちらの記事も参考にしてください。

肌の老化の原因は3つの光だった!光老化って一体なに?

 

 

紫外線の波長によっては細胞のDNAを損傷し、がん細胞を発生させてしまったり、肌のハリや弾力を保つコラーゲンなどにダメージを与えシワ、たるみなどが生じてしまったりするのです。

 

 

 

 

そこで大切なのが日焼け対策です。

 

 

どんな対策があるのか見ていきましょう。

 

日焼け対策

スポンサーリンク

あなたも様々な日焼け対策をしていると思いますが、ここでは室内での対策方法と屋外での対策方法の2つに分けてまとめてみました。

 

室内

  • 窓から入ってくる紫外線に対して、UVカット加工のレースカーテンや遮光カーテンを使用してみましょう。
  • UVカットフィルムを窓に貼ってみましょう。
  • 時間とお金があるのであれば、窓ガラス自体をUVカットガラスにするというのも1つの手です。
  • 室内でも日焼け止めを使用しましょう。

 

屋外

  • 必ず日焼け止めを使用し、屋外での活動レベルに合わせたSPF、PAの日焼け止めを選びましょう。
  • 日焼け止めは2~3時間おきに重ね塗りすると良いでしょう。
  • 肌の露出はなるべく避け、UVカットのカーディガンやアームカバーなどを使用し、肌を保護するようにしましょう。
  • 紫外線がピークの時間帯を避けるなど、活動する時間帯を考えてみましょう。
  • なるべく日陰を選びましょう。そうすることで、紫外線を約50%ほどカットできるようです。
  • 帽子日傘、サングラスを使用しましょう。

 

 

 

このようにまとめてみると、

室内でも屋外でも日焼け止めは必須のアイテムであるとわかりますね。

 

 

*日焼け止めの種類や選び方については、こちらの記事を参考にしてください。

正しい紫外線対策?紫外線の特徴と正しい日焼け止めの選び方

 

 

日焼けに効果のあるスキンケア

上記で室内、屋外それぞれでの日焼け対策について見てきました。

 

しかし!

いくら念入りに日焼け対策をしていても、日焼けしてしまうことはあると思います。

 

 

そこで

うっかり日焼けしてしまった肌の老化を防ぐためのスキンケア

 

についても紹介していきたいと思います。

 

外側からのスキンケア

  1. 日焼けしたあとは熱を持ち、炎症を起こしているのでしっかり冷やしましょう
  2. 刺激の少ない化粧水を使用し、たっぷりと保湿してあげましょう。
  3. 炎症が落ち着いたら、美白効果のある美容液(ビタミンCなど)を使用し、集中的にケアしてあげましょう。
  4. 新たな日焼けをしないように気をつけましょう。

 

 

*美白効果のある成分については、こちらの記事も参考にしてください。

ビタミンC誘導体の効果とは?APPSやAPISって一体なに?

プラセンタで美白?美白力が高いのは注射?化粧水?サプリ?

トラネキサム酸の効果は?喉の痛みに効く成分が肝斑にも??

 

 

内側からのスキンケア

  1. 肌のターンオーバーが活発になる夜に、十分な睡眠を取るようにしましょう。
  2. ターンオーバーを促す栄養素(タンパク質や亜鉛、ビタミンCなど)を積極的に取り入れましょう。

 

日焼けに効くアロマ

日焼けには抗炎症作用のあるアロマオイルがおすすめです。

ローションやアロマバスとして使用すると効果的です。

 

  • ラベンダー
  • カモミール・ローマン
  • ティートリー
  • ペパーミント
  • ダマスクローズ

 

まとめ

 

  • 日焼けは紫外線によって起こる。
  • 紫外線は肌を一気に老化させてしまう。
  • 室内でも屋外でも日焼け対策は必要。
  • 日焼けによる肌の老化を防ぐスキンケアのポイントはしっかり冷やすこと、たっぷり保湿すること。
  • 十分な睡眠と必要な栄養素を取り、内側からもケアすることが大切。
  • 日焼けにおすすめのアロマオイルも取り入れてみましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

日焼け対策について、しっかり理解していただけたでしょうか?

 

日々気をつけて日焼けによる肌老化を防ぎ、いつまでも綺麗な肌でいたいものですね。

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(m–m)

 

スポンサーリンク


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました