お茶で肌荒れや乾燥が改善?肌にいいお茶・悪いお茶って?

インナーケア

スポンサーリンク

 

こんにちは、miyaです。

 

 

暑い日が続くようになりましたね。

晴れていると気分良く1日を過ごせますよね。

 

 

でも暑くなってくると心配になってくるのは「熱中症」ではないでしょうか?

 

 

 

みなさん、こまめに水分摂取できていますか?

 

 

水が好きっていう人、お茶が好きって言う人、スポーツドリンクをよく飲むっていう人・・・

色々な人がいると思います。

 

でもせっかく水分摂取するのなら、肌にいいものを取り入れられたら一石二鳥でお得だとは思いませんか?

 

 

特にお茶は種類によっては美容効果が期待できるものも多くあります。

 

 

「せっかくなら水分摂取のついでに、美肌になってしまおう!」

そんなことを考えついたので、ちょっと調べてみました。

 

 

だから今回は、お茶について詳しく紹介していきたいと思います。

 

日本人がよく飲んでいるお茶とは?

日本では「お茶離れ」なんてことも言われていますが、ご飯にも、パンにも、麺にも合うため実際は何かとお世話になっていると思います。

 

一口にお茶と言っても色々な種類があり、好みに合わせて選べるのも嬉しいですよね。

 

 

みなさんはたくさんの種類がある中で、どのお茶をよく飲みますか?

 

・・・

 

「私は断然麦茶です!」(←誰も聞いていませんよね・・・^^;)

 

 

 

 

実際、日本人によく飲まれているのは何茶なのでしょうか?

 

ランキングを調べてみました。

 

出典:いちばんよく飲むお茶の種類

 

1位は断トツで緑茶でした。

緑茶はやっぱりご飯に合いますし、クセもなく子どもからお年寄りまで慣れ親しんでいる味だからなのでしょうね。

 

私の好きな麦茶は2位!大健闘ですね。^^笑

 

 

では、上位3つのお茶の効果を見ていきましょう。

 

それぞれのお茶の効果は?

緑茶

緑茶はお茶の葉を発酵させずに作られているため、生葉の成分をそのまま取り入れることができます。

 

◆カテキン(苦み・渋みの成分)

  • 血中コレステロールの低下
  • 体脂肪低下作用
  • がん予防
  • 抗酸化作用
  • 虫歯予防・抗菌作用 

 

◆カフェイン

  • 覚醒作用(疲労感や眠気の除去)
  • 二日酔い防止
  • 利尿作用
  • 脂肪分解効果

 

◆テアニン(うまみの成分)

  • リラックス効果

 

◆サポニン

  • 血圧低下作用

 

◆ビタミン類

  • ビタミンC:コラーゲンの形成、抗酸化作用
  • ビタミンB2:皮膚や粘膜の健康維持
  • ビタミンE:抗酸化作用 

 

麦茶

麦茶は焙煎した大麦から作られているためカフェインが含まれていません

子どもも飲めて、夜でも気にせず飲めるのはいいですね。

 

◆アルキルピラジン(香り成分)

  • 血液流動性向上効果(血液をサラサラにする)

 

◆GABA(ギャバ)

  • 高まった神経を静める効果(イライラ解消、不眠解消)
  • 血圧低下作用
  • PMS(月経前症候群)改善

 

◆pークマル酸

  • がん予防(特に胃がんのリスクを減らす)

 

◆カリウム

  • 高血圧の予防
  • むくみの解消

 

紅茶

紅茶は様々な香りづけレシピがあり、種類も多いため好みに合わせて選ぶことができます。

 

◆紅茶ポリフェノール

  • 水虫予防
  • 食中毒予防

 

◆カフェイン

  • 覚醒作用(疲労感や眠気の除去)
  • 二日酔い防止
  • 利尿作用
  • 脂肪分解効果

 

◆テアニン

  • リラックス効果

 

◆フッ素

  • 虫歯予防

 

肌にいいお茶とは?

スポンサーリンク

毎日飲むお茶ですが、ただ水分補給するだけではもったいないと思いませんか?

せっかく飲むなら肌にいいお茶を選んで、美肌も一緒に手に入れちゃいましょう!

 

ルイボスティー

ルイボスティーは美容や健康にいいとよく聞くことがあると思います。

 

ルイボスティーには抗酸化成分が含まれており活性酸素を除去し、ビタミンB2が肌のターンオーバーを促しアンチエイジング効果もたらします。

また肌のターンオーバーを促し皮膚を修復してくれるため、アトピー性皮膚炎などの改善が見込めます。

 

さらに、デトックス効果もあるため冷え・むくみの解消だけでなく、ダイエットもサポートしてくれます。

 

他にも卵子の質を上げてくれる効果や、排卵周期を安定させてくれる効果があるため妊活への効果も期待できます。

 

ハトムギ茶

ハトムギ茶はいぼ取りのお茶として、古くから飲まれています。

ビタミンB2が豊富に含まれており、肌のターンオーバーを促してくれるためニキビ・いぼに効果があると言われています。

 

また美白や保湿の効果もあり、ハトムギ成分入りの化粧品なども多く販売されています。

 

*ハトムギ茶のいぼへの効果については、こちらの記事をどうぞ。

いぼ治療には杏仁オイルがいい?効果は?顔への使用はOK?

 

 

ローズヒップティー

「飲む美容液」「ビタミンC爆弾」とも言われているローズヒップティーには、レモンの約20倍のビタミンCが含まれています。

 

ビタミンCは美肌には欠かせない成分ですよね。

 

*ビタミンCの効果については、こちらの記事を参考にしてください。

ビタミンC誘導体の効果とは?APPSやAPISって一体なに?

 

 

その他にもビタミンA・B・D・E・K、ポリフェノール、リコピン、鉄分なども豊富に含まれています。

 

美白効果アンチエイジング効果だけでなく、ダイエットや疲労回復、免疫力アップなども期待できます。

 

ごぼう茶

ごぼう茶に含まれるサポニンには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できます。

またタンニンには毛穴を引き締める効果があるため、毛穴レスな肌を目指すことができます。

 

他にも食物繊維が豊富なので腸内環境を整えることができます。

腸内環境は肌にも大きく影響してしまうため、整えるのは大切なことですよね。

 

肌に良くないお茶とは?

カフェインが含まれたお茶

カフェインは抗酸化作用のあるビタミンCを破壊して、ミネラルを体外に排出させてしまいます。

 

 

上記で紹介したお茶はノンカフェインです

 

しかし、美容にいいとされているお茶の中にはカフェインが含まれているものも紹介されていることがあります。

必ず確認してから飲むようにしましょう。

 

冷たいお茶

暑くなってくると冷たいものが飲みたくなりますよね。

しかし、冷たい飲み物は血行不良を引き起こし、肌の乾燥やくすみに繋がります。

 

美肌のためを思うのであれば、常温~温かいお茶を飲むようにしてみましょう

 

まとめ

 

  • 日本人がよく飲むお茶No.1は緑茶である。
  • 緑茶にはがん予防や、脂肪分解効果、抗酸化作用などがある。
  • よく飲むお茶には含まれていないが、肌にいいお茶としてルイボスティー、ハトムギ茶、ローズヒップティー、ごぼう茶などがある。
  • 肌に良くないお茶はカフェインが入っているもの、冷たいものである。

 

 

肌にいいお茶について、おわかり頂けたでしょうか?

 

様々な飲み物がありますが、せっかく飲むなら肌や体にいいものを取り入れたいですよね。

ぜひこれからの水分摂取の参考にしていただけると嬉しいです。

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(m_ _m)

 

スポンサーリンク


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました