ビニール肌を改善できる?角質培養って本当に効果があるの?

敏感肌

スポンサーリンク

 

こんにちは、miya(@skincare_lab)です。

 

 

 

 

以前の記事では、ビニール肌の症状と原因とともに、皮膚科での治療法を紹介しました。

 

 

*以前の記事はこちらです。

ビニール肌って何?原因は?白色ワセリンは効果がある?

 

 

しかし皮膚科にかかるほどではなく

「自分でなんとかしたい」

「ビニール肌にならないように予防したい」

 

・・・と思っている人も多いはずです。

 

 

 

そこで今回は、ビニール肌改善に必要なことと効果があると言われている角質培養について紹介していきたいと思います。

 

ビニール肌改善・予防に必要なこと

ビニール肌を改善・予防させるためには、「正しいスキンケア」「ターンオーバーの正常化」が必要となります。

 

正しいスキンケア

ビニール肌は敏感肌に分類されます。

そんなビニール肌の改善・予防には、なるべく肌に刺激を与えないスキンケアをする必要があります。

 

クレンジング剤や洗顔料は肌への刺激となってしまうため、できるだけ使用しないようにしたいところ。

しかし毎日スッピンというわけにはいきませんよね。

 

そこで大切になってくるのが、クレンジング剤や洗顔料の選び方です。

 

 

*クレンジング剤、洗顔料の選び方・使い方は、こちらの記事を参考にしてください。

乾燥肌のクレンジングでおすすめはオイル?それともクリーム?

乾燥を防ぐ正しい洗顔方法は?おすすめのアロマも紹介!

 

 

また、メイク自体も薄くし落としやすくしたり、石けんでも落とせるミネラルファンデーションに替えたりするという工夫も必要です。

 

一番気をつけなくてはいけないのがピーリング・スクラブ・毛穴パックなどです。

これらは角質を取り過ぎてしまう可能性があるため、ビニール肌が改善するまでは使用しない方が良いでしょう。

 

 

保湿ケアでも肌の刺激となるものはできる限り避けたいので、化粧水などの基礎化粧品は防腐剤や添加物が含まれていないものを使用するようにしましょう。

肌につける際にはコットンではなく、手でハンドプレスしながらゆっくりじっくりなじませるようにケアしてみましょう。

 

またビニール肌の場合にも、保湿成分が配合された基礎化粧品を使用すると良いでしょう。

 

 

*保湿成分が配合された基礎化粧品については、こちらの記事を参考にしてください。

乾燥肌で化粧水を選ぶならおすすめはセラミド入りがいい?

 

 

ターンオーバーの正常化

ビニール肌はターンオーバーの早期化により、角質細胞が十分に育っていない状態で角層を形成している状態です。

そのためバリア機能がうまく機能せず、炎症を起こしやすい状態になっています。

 

ターンオーバーが正常に働いていると、キメが整い、肌にハリやツヤ、透明感があります。

一般的に20代では28日前後30~40代では45日前後と言われており、年齢を重ねるほどターンオーバーは遅くなると言われています。

 

 

ターンオーバーを正常化するためには、先ほども紹介した「正しい洗顔と保湿」の他に、食事や睡眠、運動などの「生活習慣の見直し」「紫外線対策」が大切になってきます。

 

*生活習慣の見直しについては、こちらの記事も参考にしてください。

肌の酸化って何?予防するためにすべきことはこれだった!

肌の糖化って何?食事やおやつがくすみ、たるみに繋がる?

 

*紫外線対策については、こちらの記事を参考にしてください。

正しい紫外線対策?紫外線の特徴と正しい日焼け止めの選び方

 

 

 

 

早くなってしまったターンオーバーを正常に戻す方法の1つとして、角質を剥がれ落とさないようにする「角質培養」と言うものがあります。

ビニール肌で調べていると、必ずと言っていいほど出てくる「角質培養」と言う言葉。

 

一体どういうもので、本当に効果はあるのでしょうか?

 

角質培養とは

スポンサーリンク

角質培養とは、毎日のスキンケアで肌にかかっていた負担を減らし、肌を休ませることで薄くなった角質細胞が成熟するまで見守り、肌のバリア機能を正常に戻すことを言います。

似たような方法では、「肌断食」というのも話題となっていますよね。

 

角質培養のやり方

角質培養はすぐに効果の出る方法ではありません

1ヶ月ほどで肌が改善され効果を実感できる人もいれば、半年~1年以上経っても効果が感じられない人もいます。

また、効果を実感する前に一時的にトラブルを感じる場合もあります。

 

これらのことを踏まえて、長期的に忍耐強く取り組んでいく必要があります。

 

 

《やり方》

  1. 基本はノーメイク。(メイクするのであればパウダーで薄く、石けんで落ちる程度にする。)
  2. クレンジングはNG。
  3. 洗顔は無添加の石けんでよく泡立てて優しく行う。
  4. 保湿ケアはしっかり行う。
  5. 紫外線対策は必ず行う。(できれば化粧品以外の帽子や日傘などで対策する。)

 

 

メリット

  • 毛穴が目立ちにくくなる。
  • ニキビができにくく、ニキビ痕も目立ちにくくなる。
  • 肌が白くなり、シミが目立たなくなる。
  • スキンケアにお金がかからなくなる。
  • スキンケアの時間が短縮できる。

 

デメリット

  • 一時的にニキビや白い角栓が目立つようになる。
  • 効果が出るまでに時間がかかる。
  • 皮脂が溜まりすぎて真菌が繁殖し、脂漏性皮膚炎となる可能性もある。
  • 仕事をしている人など毎日しっかりメイクをする人には向かない。

 

 

以上のようなメリット・デメリットが挙げられます。

 

 

本来、肌は自然治癒力を持っています。

過剰なスキンケアをやめて、自然治癒力に任せるというのも良いのではないでしょうか?

 

 

 

しかし当たり前のことになりますが効果がある人もいれば、効果がない人もいます。

角質培養はビニール肌改善のための1つの方法であると考え、参考にしてもらえると幸いです。

 

まとめ

 

  • ビニール肌改善・予防には「正しいスキンケア」と「ターンオーバーの正常化」が必要である。
  • 正しいスキンケアとして、なるべく肌に刺激を与えない。
  • ターンオーバーの正常化のためには「正しい洗顔と保湿」「生活習慣の見直し」「紫外線対策」が大切。
  • ターンオーバーを正常に戻す方法の1つとして、「角質培養」と言うものがある。
  • 肌の自然治癒力に任せる方法で、すぐに効果は出ないがメリットも多い。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ビニール肌、角質培養について理解していただけたでしょうか?

 

ビニール肌改善・予防のポイントを押さえて、自分に合ったスキンケア方法を探してみましょう。

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーリンク


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました