乾燥肌のクレンジングでおすすめはオイル?それともクリーム?

スキンケア用品

スポンサーリンク

こんにちは、miya(skincare_lab)です。

クレンジングはたくさんの種類があり、洗浄力も異なります。

しかし、どれが自分に合ったものかわからないという人も多いのではありませんか?

 

もともとクレンジングは肌に負担のかかるものであり、選ぶものを間違えてしまうと、肌の保湿成分を洗い流してしまい、肌トラブルのもととなる乾燥を加速させてしまう恐れがあります。

 

 

たくさんあるクレンジングの種類と特徴を知ることで、自分の肌に合ったものを選ぶことができ、肌の状態を改善させたり肌状態を良好に保つことができるようになります。

 

クレンジング剤の種類と特徴

クレンジングには種類ごとに洗浄力に差があります。

今回は、一般的に洗浄力が高いと言われるものから順に紹介していきたいと思います。

 

オイル

油分をメインに配合されたクレンジング剤です。洗浄力が強く、アイメイクなどの落としにくいメイクも綺麗に落とすことができます。

しかし油分も界面活性剤の量も多く、肌を乾燥させてしまい、あらゆる肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

ウォータープルーフの日焼け止めやポイントメイク用にピンポイントで使用するのが良いでしょう。

 

リキッド

水分をメインに配合された液体状のクレンジング剤です。洗浄力はやや強めですが、オイルフリーのものを選べばまつエクの人でも使用可能です。

水ベースであるためメイクとの馴染みは悪く、界面活性剤の量も多いため肌への負担が大きくなります。

 

使われている界面活性剤の特性からしっとりとした使用感のものもありますが、実際とは異なりますので注意が必要です。

 

クリーム 

クリーム状のクレンジング剤です。拭き取りと洗い流しのどちらのタイプもあり、好みに合わせて選べます。

界面活性剤の量が最も少ないのに洗浄力がありしっとりモチモチとした洗い上がりです。

 

ミルク

ミルク状のクレンジング剤です。拭き取りと洗い流しのどちらのタイプもあり、好みに合わせて選べます。サラッとした洗い心地でしっとりした洗い上がりですが、洗浄力は弱いです。

そのためナチュラルメイクであれば十分に落とせますが、しっかりメイクだと落ちにくい場合があります。

 

ジェル

ジェル状のクレンジング剤です。水性、油性どちらのタイプもあるので、使用感や好みに合わせて選ぶことができます。洗浄力は弱くさっぱりとした洗い上がりです。

 

ジェル状のクレンジング剤で最も一般的なのは、リキッドタイプをゲル化剤で固めたものです。

またミルクタイプを固めたものもあり、使用するときには中身の成分確認が大切になります。

 

乾燥肌に合うクレンジングとは?

スポンサーリンク

関連 乾燥肌について、詳しくはこちら。

肌老化の原因は紫外線の他にもあった!乾燥が肌老化に繋がる?
肌老化の原因の1つである「乾燥」について、原因や肌への影響をわかりやすくまとめ、紹介しています。

 

ずばり!乾燥肌にはクリームタイプのクレンジング剤がおすすめです。

 

クリームクレンジングは使用感に厚みがあり、肌に摩擦が起きにくいと言われています。肌に余計な負担をかけることなく、毛穴の汚れまでしっかりと洗浄することができます。

 

クリームクレンジングにも商品によって違いがあり、その違いは界面活性剤の量になります。界面活性剤の量が少ないものはクレンジング剤を洗い流した後、多少ヌルヌルとした油膜感が残ります。しかし、この油膜感は洗顔するとちょうど良く洗い流すことができ、しっとりと仕上がります。

 

正しいクレンジング方法

今回は乾燥肌におすすめの、クリームクレンジングの正しい使用方法を紹介していきたいと思います。

 

①クリームクレンジングは肌になじませる前に、手で柔らかくなるまで温めてから使用します。

②顔全体にクリームクレンジングをのせてから、こするのではなく、メイクとなじませるようにします。(アイメイクなどはポイントメイク用のリムーバーであらかじめ落としておくと良いでしょう。)

③重めたっだテクスチャーが軽くなると、メイクとなじんだサインです。

④クリームとメイクとなじんだら、30~32度のぬるま湯で洗い流してください。(洗い流すだけでは落ちにくいと感じるのであれば、洗い流す前にティッシュオフするようにしてみてください。)

メイクは必ずその日のうちに落としましょ

 

まとめ

  • クレンジングは肌に負担のかかるものであり、乾燥を加速させてしまう恐れがある。
  • 自分の肌に合ったものを選ぶことで、肌の状態を改善させたり肌状態を良好に保つことができる。
  • 乾燥肌にはクリームクレンジングがおすすめ。
  • メイクは必ずその日のうちに落とすこと。

クレンジングの特徴を理解して、正しい方法で行い、乾燥から肌を守っていきましょう。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(m–m)

スポンサーリンク

 

関連 乾燥肌についてまとめた記事はこちら。
https://miya01.net/matome-dryskin-countermeasure-1232


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました