足のすねがテカテカ光る?その原因はビニール肌かも!?

足のスキンケア

スポンサーリンク

 

 

miya
miya

こんにちは、miya(@skincare_lab)です。

 

 

 

少しずつ暑さが和らいできましたね。

 

 

・・・とはいっても、まだまだ暑い日もありますよね?

 

暑い日には思いっきり、足を出したファッションを楽しみたいですよね。

 

 

 

そんなとき、足のすねがテカテカ光っていた・・・

 

 

ネコ
ネコ

足を見られたくない・・・。

 

 

 

あなたにもこんな経験があるのではないでしょうか?

 

 

 

今回は足のすねがテカテカ光る原因について紹介していきたいと思います。

 

足のすねが光る原因とは?

“足のすねが光る?”

 

この悩みを検索してこのページにたどり着いたあなたならよくわかっている状態かもしれませんね。笑

 

 

一般的にはどういう状態なのかイメージしづらいかもしれません。

わかりやすく言うとラップのようにツルツル、テカテカした状態を言います。

 

これは表皮の角質が剥がれてしまい、キメがなくなったビニール肌の状態です。

 

 

ビニール肌が悪化すると赤くなってヒリヒリしたり、痛みや痒みが出てきたりすることもあります。

また吹き出物などの肌トラブルの原因にもなってしまいます。

 

ビニール肌の原因は?

スポンサーリンク

ビニール肌の原因として、間違ったスキンケアターンオーバーの早期化が考えられます。

 

*詳しくはこちらをどうぞ。

ビニール肌って何?原因は?白色ワセリンは効果がある?
ビニール肌について症状や原因を紹介しています。

 

 

また足のすねはストッキングやパンツなどで擦れてしまったり、ムダ毛処理をしたりすることがビニール肌の大きな原因となっています。

 

 

特に自宅でムダ毛を自己処理しているあなた!!

 

カミソリでのムダ毛処理は角質を傷め、削ってしまうためやり過ぎには注意する必要があります。

 

ビニール肌を治すには?

足のすねがビニール肌になってしまった場合、できるだけ肌の刺激となることは避けるようにしましょう。

 

ムダ毛処理

カミソリでのムダ毛処理は肌を傷つけやすく、頻繁に行うことで角質が剥がれてしまいます。

そのためどんどんビニール肌へ近づき、治ることはありません。

 

まずは1番の刺激のもとである「カミソリでのムダ毛処理」を止めて、除毛クリームやクリニックやエステなどでの脱毛などの方法に変えてみましょう

 

洗い方

ボディータオルなどでゴシゴシ洗ったり、垢すりを毎日のように行ったりしていてはビニール肌は治りません。

洗いすぎないようにすることが必要です。

 

洗うときには優しく泡で洗うように心がけ、できるだけ刺激とならないように気をつけましょう

 

またボディーソープも低刺激のものを選び、肌バリア機能を高めてあげるようにするとよいでしょう。

 

保湿

顔のケアと言えば、洗顔後に化粧水・美容液・乳液・クリームなどの保湿ケアもしっかりと行いますよね?

 

しかし、足のケアはどうでしょう?

 

足のケアと言えば洗うことに意識が向きがちですよね?

しかし、その後の保湿ケアをしっかり行うことで外部からの刺激による肌トラブルを減らすことができます

 

*足の角質ケアと保湿ケアについては、こちらをどうぞ。

足の皮が剥ける?硬い?その理由は?解消して素足を楽しもう
暖かくなり素足で過ごす時間も増えてきますよね。きれいな素足で夏を迎えるために、足の角質ケアについて詳しく紹介しています。

 

 

保湿ケアは肌のバリア機能を高め、ターンオーバーを正常化させることにも繋がります。

 

これがビニール肌を改善させる1番の近道なのです!!

 

まとめ

 

  • すねが光るのはラップのようにツルツル、テカテカしたビニール肌の状態になっているから。
  • 悪化すると赤くなってヒリヒリしたり、痛みや痒みが出てきたりすることもある。
  • ビニール肌の原因は間違ったスキンケア、ターンオーバーの早期化。
  • 特に足のすねは擦れてしまったり、ムダ毛処理をしたりすることが大きな原因となっている。
  • ムダ毛処理の方法や洗い方を変えたり、保湿ケアをしっかり行うことが大切。

 

 

いかがでしたでしょうか?

足のすねが光る原因、ビニール肌についておわかり頂けたでしょうか?

 

キレイになりたくてついつい頑張り過ぎてしまうスキンケアですが・・・

 

 

 

miya
miya

やり過ぎは厳禁ですよ!

 

 

 

 

ほどほどに手を抜きつつ、キレイを保てるようにしていきましょう。

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(m–m)

スポンサーリンク


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました