思春期ニキビとは違う?大人ニキビの原因と対処方法とは?

ニキビ肌

スポンサーリンク

思春期~大人までニキビで悩んでいる人は多いと思います。

特に大人になってからのニキビ(吹き出物)って、何度も同じ場所に繰り返してできたり、きちんとケアしても直りづらかったりして厄介ですよね。

 

今回は思春期ニキビと大人ニキビの違いや大人ニキビのできやすい場所、大人ニキビと体の不調との関係などについて紹介していきたいと思います。

 

思春期ニキビとは?

思春期ニキビとは、10代の成長期の頃に見られるニキビのことを言います。

多くの場合、ホルモンバランスが不安定なことにより、皮脂が過剰に分泌され毛穴が詰まってしまい、ニキビとなってしまうのです。

 

主にTゾーンにできやすく、背中や腕などにできることもあります。赤ニキビであることがほとんどです。

 

大人ニキビとは?

大人ニキビとは、20代以上で古くなった角質がうまく剥がれず蓄積し、毛穴をふさいでしまうことで起こります。

 

大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れ不規則な生活習慣、ストレス、乾燥など様々な原因が複雑に絡み合って起こるため、解決するのは簡単ではありません。

大人ニキビは女性の約60%の人が悩みを抱えており、多くの人に起こりえる悩みであると言えます。

 

大人ニキビは乾燥肌の人でもできやすく、主にUゾーンにできます。また、同じ場所に繰り返しできることも大きな特徴と言えます。

 

大人ニキビの主な原因

スポンサーリンク

ホルモンバランスの乱れ

ニキビや肌荒れの原因には女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが関係しています。

男性ホルモンは皮脂分泌を促し、角質を厚くする働きがあり、女性ホルモン(エストロゲン)は皮脂を抑え、肌のバリア機能を高めてくれる働きがあります。

 

男性ホルモンの分泌が多い状態が続くと、ニキビができやすくなってしまうのです。しかし、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が高い状態ばかりが続くと婦人病の原因にもなってしまうため、それぞれのバランスが大切になってきます。

 

 

生理前後でニキビができやすくなると言う人は多いと思います。その理由についても紹介していきます。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つがあります。生理前後に多く分泌されるのが皮脂を分泌させる役割のあるプロゲステロンであるため、ニキビができやすくなってしまうのです。

 

慢性的なストレス・不規則な生活習慣

体はストレスを感じると抗ストレスホルモン(コルチゾールやアドレナリンなど)を分泌します。このホルモンはストレスに打ち勝つために必要なものですが、ストレスが慢性的に続くと男性ホルモンが刺激され、皮脂分泌が過剰になりニキビができてしまうのです。

さらに、ストレスや不規則な生活習慣によって自律神経が乱れると、男性ホルモンの分泌が促されてしまうのです。

 

また、不規則な生活習慣によって十分な睡眠時間が確保できなかったり、食べ過ぎ飲み過ぎによって胃腸の機能が低下していたり、栄養不足になっていたりすると、肌のターンオーバーがうまく行われずダメージを受けたままの状態になってしまうのです。

 

乾燥

肌の乾燥は肌のバリア機能を低下させ、角栓ができやすくなったり毛穴詰まりしやすくなることで、ニキビとなってしまいます。

ニキビケアのつもりで皮脂を取り過ぎてしまうと、乾燥によるニキビを引き起こすことに繋がってしまうのです。

 

体の不調との関係と対処方法

大人ニキビは主にUゾーンにできますが、それぞれニキビのできる場所によって体の不調がわかると言われています。詳しく見ていきましょう。

 

顎にできるニキビは、ホルモンバランス、胃腸の不調、スキンケア、体の冷えなどが原因の可能性があります。

顎はもともと毛穴が発達していない場所です。しかしホルモンバランスの影響を受けやすく、ホルモンバランスが乱れると皮脂の過剰分泌が起こり、毛穴を詰まらせてしまうのです。また、顎はターンオーバーの遅い場所でもあるため、治りにくく痕が残りやすくなってしまうのです。

 

生理前後のホルモンバランスの乱れは避けられないものですが、体を温め、疲れをため込まないように気をつけましょう。

また、顎ニキビが膿んでくるような場合は、婦人科系疾患の可能性も考えられます。

 

頬にできるニキビは、肝機能の低下、便秘、糖質や脂質の過剰摂取、乾燥などが原因の可能性があります。

頬は顔の中でも毛穴が少なく、乾燥しやすい場所です。また、無意識に手で触れてしまったり髪の毛などが刺激となっている可能性もあります。

 

保湿をしっかりと行うとともに、お酒を控え、十分な休息を取る必要があります。

 

口まわり

口まわりにできるニキビは、胃腸の不調、男性ホルモンの乱れ、ビタミン不足などが原因の可能性があります。

 

栄養バランスに気をつけ、十分な睡眠を取り、ストレスを発散すると良いでしょう。

 

フェイスライン

フェイスラインにできるニキビは様々な原因が複雑に絡み合っており、原因を特定することは難しいのですが、乾燥しやすい場所であるため、保湿を丁寧に行うことが大切になります。

また、定期的なピーリングも効果的であると言われています。

 

まとめ

  • 大人ニキビとは古くなった角質がうまく剥がれず蓄積し、毛穴をふさいでしまうことで起こる。
  • 主な原因は、ホルモンバランスの乱れ、慢性的なストレス・不規則な生活習慣、乾燥である。
  • 大人ニキビのできる場所によって体の不調がわかるため、それに合わせた対処が必要である。

スポンサーリンク


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました