災害時必要なもの?あると便利、防災スキンケアグッズとは?

スキンケア用品

スポンサーリンク

 

こんにちは、miya(@skincare_lab)です。

 

 

 

みなさん、ご存知でしょうか?

 

9月1日は「防災の日」ですね。

 

 

 

しかし防災の日を前にして、各地で地震や大雨の被害がでていますよね?

 

 

みなさんの地域は、家族は、大丈夫だったでしょうか?

被災された人たちの1日も早い復興を願っています。

 

 

 

 

今回のことをきっかけに「いつ、何が起こってもおかしくない」という心構えと、事前準備の大切さを改めて考えさせられました。

 

 

 

そこで、改めて災害時の必要なものについて考えてみようと思います。

さらに女性は必見!被災時に役立つスキンケアグッズについても紹介していきたいと思います。

 

災害時に最低限の必要なもの

まず災害時に最低限必要となるのは、安全な場所に一時避難するための1~2日分の持ち出し品です。

 

おすすめの備え方として多く紹介されている方法が、防災リュックに不足品を追加して備える方法です。

突然の災害にパニックになってしまっても、防災リュックにまとめておけば迷わず、忘れずに最低限必要なものは持ち出すことができます。

 

 

これから準備すると言う人は防災リュックの内容を確認してから、以下のリストを参考に不足分を追加していくと良いでしょう。

 

最低限必要なものリスト

  • 飲料水
  • 給水袋・ポリタンク
  • レトルト食品・缶詰・菓子類
  • 調理器具・万能ナイフ
  • ラップ・アルミホイル
  • 歯ブラシ
  • 簡易トイレ
  • トイレットペーパー・ティッシュ
  • ビニール袋
  • ウエットティッシュ
  • 持病薬
  • 絆創膏・包帯
  • マスク
  • 携帯電話充電器・予備バッテリー
  • ラジオ
  • 使い捨てカイロ
  • 新聞紙
  • 懐中電灯
  • 乾電池
  • マッチ・ライター
  • 軍手
  • 毛布・ブランケット・タオル
  • 着替え
  • 雨具
  • スリッパ
  • 筆記用具
  • 家族の写真・緊急時の家族の連絡先
  • 地域の地図
  • 現金(小銭)
  • 健康保険証・身分証
  • 銀行の口座番号・生命保険の契約番号など

参考:トクする!防災 備蓄の心得

 

 

最低限必要なものだけでもこれだけあります。

結構多いと思いませんか?

 

すべてを1から準備するのはとても大変なので、ぜび防災リュックを活用してみてくださいね。

 

 

災害時必要なものについてより詳しく知りたい場合は、こちらをご覧ください。

 

災害時あると便利なもの

スポンサーリンク

災害時あると便利なものとして、乳幼児がいる家庭では粉ミルク、哺乳瓶、紙おむつ、おしり拭きなどが、また高齢者のいる家庭では高齢者用の食品、入れ歯洗浄剤、持病薬などが必要になると思います。

 

女性であれば生理用品スキンケア用品があると安心できますよね。

 

 

 

災害時にスキンケアなんて・・・!

 

こんな風に思う人もいるかもしれませんが、異常事態の時にこそ、いつもやっていることを行うことで精神的に落ち着くことができる場合もあります

 

 

 

 

ただ災害時は水がとても貴重なものとなりますよね?

 

水がなくて、洗顔することさえもままならない状況に陥ることもあると思います。

 

 

そんなときに役立つのが拭き取りタイプのクレンジングシートウエットティッシュです。

 

 

また避難生活中は様々な制限もあり、多くのスキンケアグッズを使うことは難しいと思います。

しかし肌を守るために何かしたいと思うのであれば、オイルによる保湿をメインにスキンケアを行うと良いでしょう。

 

オイルは常温で長期間保存できるホホバオイルがおすすめですので、防災リュックに入れておくと女性にとっては心強いでしょう。

 

 

 

最近では防災のためのスキンケアセットというものも販売されています。

もちろん普段から使っているスキンケアグッズのサンプルやトラベル用を防災リュックに追加しておくのも良いでしょう。

 

防災スキンケアグッズのおすすめは?

災害時は、普段より体(肌)にも心にもストレスのかかる状況だと考えられます。

そこでおすすめするスキンケアアイテムは、水を使わず簡単でかさばらないことが重要になってくると思います。

 

 

これを踏まえて、あると便利なおすすめ防災スキンケアグッズを5つ紹介していきたいと思います。

 

①拭き取りタイプのクレンジングシート、ウエットティッシュ

水が貴重なものとなる災害時には、水を使わずに使用できる拭き取りタイプのクレンジングシートがあると便利です。

肌の保湿成分を保ちつつ、汚れやメイクを落としてくれるものを選ぶと良いでしょう。

 

またクレンジングシートがない場合には、オイルで汚れやメイクを落としてウエットティッシュで拭き取るという方法もあります。

 

②オールインワンゲル

肌の乾燥はあらゆるトラブルのもととなります。

化粧水~パックまでできるオールインワンゲルであれば、かさばらないけどしっかりとスキンケアできるので1つで安心感がありますよね。

 

 

*肌の乾燥によるトラブルについては、こちらの記事を参考にしてください。

肌老化の原因は紫外線の他にもあった!乾燥が肌老化に繋がる?

 

 

③オイル

常温で長期間保存できるオイルであれば自分の好きなオイルで良いのですが、私のおすすめはホホバオイルです。

ホホバオイルは水分と馴染んで保湿し、肌を保護してくれます。

そのためスキンケアの最初や最後に使用しても良いですし、クレンジングとして、日焼けのケアとして、また子どものスキンケアとして使用することもできます。

 

④日焼け止め効果のあるBBクリーム

避難所での生活はプライバシーを守るのが難しくなります。

常に他人が近くにいるというのは、体も心も安まりませんよね?

他人の目が気になるからこそ、見た目をキレイに保ちたいと思うのは自然なことのように思います。

 

そこでおすすめなのが、日焼け止め効果のあるBBクリームです。

被災後は後片付けなどで外での作業が多くなることが考えられます。

日焼け止め効果のあるBBクリームであれば、これだけで簡単にメイクアップでき、紫外線ダメージからも肌を守ることができます

 

 

*紫外線ダメージについては、こちらの記事を参考にしてください。

肌の老化の原因は3つの光だった!光老化って一体なに?

 

 

⑤フェイスパウダー

日焼け止め効果のあるBBクリームだけでも十分にメイクアップできますが、被災後の後片付けでは塵・埃などが多くでると考えられます。

BBクリームだけではべたつきがちな肌表面をフェイスパウダーで整えることで、塵・埃が肌に付着するのを防ぎ、アレルギーなどを起こしにくくなる効果が期待できます

 

余裕があればフェイスパウダーまで準備できると良いでしょう。

 

災害時スキンケアは本当に必要か?

ここまで災害時に必要なもの、あると便利なものとともに、防災スキンケアグッズについて紹介してきました。

 

しかし命が第一優先となる災害時、本当にスキンケアは必要と言えるのでしょうか?

 

 

 

 

ここで2012年に行われたアンケート結果を紹介したいと思います。

 

Q.防災グッズとして、スキンケア・メイク用品を用意した方がいいと思いますか?

出典:避難時のスキンケアに求めること(美肌総合研究所)

 

 

このアンケート結果からもわかるように半数以上の女性が、防災グッズとしてスキンケア・メイク用品が必要であると感じています

「緊急度は低いがスキンケアをすることは気持ちのありように繋がる」「肌の健康を守るため」などの意見があったそうです。

 

 

 

こうしたことからもわかるように、災害時にはやはり命が第一優先ではありますが、被災した現状から日常を取り戻すためにも気持ちを盛り上げてくれるスキンケアやメイクは必要なものであると私は考えます。

 

まとめ

 

  • 災害時最低限必要なのは、安全な場所に一時避難するための1~2日分の持ち出し品である。
  • 防災リュックに不足分を追加して活用するのがおすすめである。
  • 災害時あると便利なものは各家庭によって異なる。
  • 女性であれば生理用品やスキンケア用品があると安心である。
  • 被災時のスキンケアグッズは水を使わず簡単でかさばらないことが重要である。
  • 災害時は命が第一優先だが、被災した現状から日常を取り戻すためにも気持ちを盛り上げてくれるスキンケアやメイクは必要なものである。

 

 

いかがでしたでしょうか?

今現在も避難所で生活されている人も多くいると思いますが、少しでも前向きに、早く日常を取り戻せるように願っています。

 

今回の被害に遭われていない人たちも、この記事を通して防災について改めて考えるきっかけになってくれると嬉しいです。

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(m–m)

 

スポンサーリンク


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました