敏感肌とは?おすすめの成分とスキンケア方法を紹介します!

敏感肌

スポンサーリンク

「敏感肌」とはよく聞く言葉ですが、どんな状態で何が原因か、自分の肌はどうなのかなどについてをよく知らないと言う人は多くいると思います。

最近では特に敏感肌の人が増えていると言われていますが、実は、女性の約70%が敏感肌で悩んでいると言われています。

 

そこで今回は敏感肌について肌の状態や原因、敏感肌に必要な成分、正しいスキンケアなどについて紹介していきたいと思います。

 

敏感肌とは?

敏感肌とは、普通の人が使っても問題のない化粧品や衣服などの外部刺激によって、赤みや痛みなどが出てしまう弱い肌のことを言います。

 

悩んでいる人が多く、専用の化粧品なども多くありますが、医学的に「敏感肌」という病名はないようです。

 

 

敏感肌の症状

  • かゆみ
  • ピリピリ、ヒリヒリとした痛み
  • 赤み、ほてり
  • かぶれ
  • 薄い肌(肌の菲薄化)
  • 皮脂の過剰分泌
  • 繰り返すニキビ

 

などの症状が敏感肌の特徴として挙げられます。

 

 

*こちらの記事も参考にしてください。

菲薄化ってどういう意味?スキンケアで改善させられる?

ビニール肌って何?原因は?白色ワセリンは効果があるの?

 

肌はどんな状態?

 

敏感肌は、角質が乾燥や刺激によって減ったり、剥がれたりしたことによりバリア機能が低下した状態です。

つまり乾燥肌がどんどん進行してしまうと敏感肌となってしまうのです。

 

 

 

敏感肌には大きく分けて2つのタイプがあります。

 

生まれつきの敏感肌

生まれつき肌が弱いアトピーアレルギーのある人は敏感肌と言えるでしょう。

 

この場合は生まれつきの体質なので、まず皮膚科に受診して適切な治療を受けつつ、刺激とならないスキンケアや生活をしていく必要があります。

 

日々の生活によって引き起こされた敏感肌

最近多くなっているのが、日々の生活の影響によって引き起こされている後天的な敏感肌です。

 

後天的に敏感肌となってしまう原因を見ていきましょう。

間違ったスキンケア

  • 洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔を使っている
  • クレンジングや洗顔でゴシゴシ擦り洗いしている
  • ピーリング、スクラブをよくやる
  • 化粧水などをコットンでパッティングしながらつけている
  • 紫外線対策をしていない

 

生活習慣の悪化

  • 偏った食生活による栄養不足
  • 睡眠不足
  • 過剰なストレス
  • 便秘

 

ホルモンバランスの変化

  • 生理前後
  • 妊娠中
  • 加齢

 

 

後天的な敏感肌は日常生活の様々な要因が絡み合って、肌のバリア機能を低下させてしまっていることがわかると思います。

 

 

 

後天的な敏感肌を改善させるには、敏感肌に必要な成分を奪わずに補う「正しいスキンケア」が必要となります。

しかし、敏感肌はバリア機能が低下しており、スキンケア用品も刺激となってしまう場合があります。

 

 

そこで敏感肌でも刺激になりにくいおすすめの成分を以下で紹介していきたいと思います。

 

敏感肌におすすめの成分は?

スポンサーリンク

敏感肌の場合はとにかく「刺激を与えずに保湿する」ことが大切になると考えます。

 

 

ここでは低刺激でなじみやすい保湿成分を紹介していきます。

 

セラミド

セラミドはスフィンゴシン誘導体とも呼ばれています。

角質細胞の隙間を埋めて水分を保持したり、外部刺激からバリアしたりする働きがあります。セラミドはバリア機能だけでなく、保湿機能でも重要な役割があることが研究で明らかとなっており、乾燥肌に塗るだけで保湿機能が回復することがわかっています

 

*セラミドの種類と特徴は、こちらの記事を参考にしてください。

乾燥肌で化粧水を選ぶならおすすめはセラミド入りがいい?

 

セラミドは体内に存在する成分であり、毒性や刺激性、アレルギーはみられないため安全性の高い成分と言えるでしょう。

 

 

ライスパワーNo.11

ライスパワーエキスは現在11種類あり、その中でもライスパワーNo.11は厚生労働省から唯一「皮膚の水分保持を改善する効能が認められた」有効成分です。

 

ライスパワーNo.11はセラミドの生成を促し、肌自体の水分保持力を向上させてくれる働きがあります。これにより肌のバリア機能が高まり、乾燥肌やアトピーの予防などに効果が期待できます。

また、肌のハリの改善にも効果があることがわかっています。

 

ライスパワーエキスはアレルギーの原因となる物質を取り除いて作られているため、米にアレルギーがある場合でも使えると言われており、安全性の高い成分です。また刺激性はなく、体内に近い成分のため水よりも刺激が少ないとも言われています。

 

コラーゲン

コラーゲンは繊維状のタンパク質であり、体内に29種類確認されています。コラーゲンはアミノ酸の繋がりの組み合わせによって、19種類の型に分類されています。

 

コラーゲンはそのままでは吸収されず、アレルギーの原因にもなることがわかっています。

そのため化粧品で使用されるコラーゲンは、アレルギー成分を除去し、分子量を小さくして、肌表面の保湿や荒れた肌をなめらかに整えてくれる働きをしてくれます。

 

コラーゲンは毒性や刺激性はほとんどありませんが、ごく稀にゼラチンアレルギーが出ることがあります。アレルギー体質の人は注意しましょう。

 

プラセンタ

プラセンタは美容に関する多くの効果が期待できますが、主に保湿、美白、ターンオーバーの正常化に効果があります。

 

現在は豚プラセンタが主流となっていますが、ヒト由来でもブタ由来でも含まれている成分(ビタミン類、アミノ酸類、ミネラル類など)や効果に大きな違いはないと言われています。

その他にも、植物性プラセンタや海洋性プラセンタなどがあります。

 

 

プラセンタの美白効果に関しては厚生労働省が認可している成分であり、刺激性やアレルギー性はほとんどなく、安全性の高い成分であると言えます。

 

敏感肌の正しいスキンケアのポイント

クレンジング

  • 洗浄力が優しいものを選び、ゴシゴシ擦らない
  • おすすめはクリームクレンジング
  • 肌につけてから40秒以内にすすぐ

 

*クレンジング剤の種類と選び方は、こちらの記事を参考にしてください。

乾燥肌のクレンジングでおすすめはオイル?それともクリーム?

 

洗顔

  • 余計な成分の入っていない「石けん」を使う。
  • たっぷり泡立てて、ゴシゴシ擦らない
  • 40秒以内で洗い流す

 

*洗顔については、こちらの記事も参考にしてください。

乾燥を防ぐ正しい洗顔方法は?おすすめのアロマも紹介!

 

基礎化粧品

  • 高保湿、低刺激な(上記で紹介した成分を含む)ものを選ぶ。
  • 手でなじませ、ハンドプレスする。
  • 乾燥している部分には重ねて塗る。
  • 乳液は使わず、化粧水の後は保湿成分配合の美容液やクリームを使う。

 

*基礎化粧品については、こちらの記事も参考にしてください。

乾燥肌で化粧水を選ぶならおすすめはセラミド入りがいい?

 

まとめ

  • 敏感肌とは、バリア機能が低下し、外部刺激によって赤みや痛みなどが出てしまう弱い肌のことである。
  • 敏感肌は「生まれつきのもの」と「後天的なもの」の2つのタイプがある。
  • 敏感肌を改善させるには、「刺激を与えずに保湿する」ことが大切。

 

 

敏感肌だとスキンケアやメイクも刺激になってしまい、おしゃれを楽しめなかった人も多いのではないでしょうか?

正しいスキンケアで敏感肌を改善して、綺麗な肌でおしゃれを楽しんでいきましょう!

 

スポンサーリンク


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました