【世界禁煙デー】加熱式たばことは?種類や害は?肌への影響は?

乾燥肌

スポンサーリンク

miya
miya

こんにちは、miya(@skincare_lab)です。

 

5月31日は何の日か知っていますか?

 

以前の記事でも紹介しましたが、「世界禁煙デー」です。

 

 

そんなこと別に知らなくてもいいって言う人もいるかもしれませんが・・・

 

日本でもたばこはどんどん規制されています。

2020年の東京オリンピックに向けてどんどん禁煙の方向に向かっていくと思います。

 

 

以前はたばこと肌の関係について紹介しましたので、今回は加熱式たばこと肌の関係について紹介していきたいと思います。

 

 

この記事を読むと・・・

  • 加熱式たばこがどんなものかわかる。
  • 加熱式たばこの体への害がわかる。
  • 加熱式たばこが肌に及ぼす影響がわかる。

 

上記で1つでも気になるポイントがあった人は、ぜひ読み進めてみてくださいね。

ネコ
ネコ

Let’s reading!

加熱式たばことは?

加熱式たばこは、紙巻きたばこのようにたばこ葉に直接火をつけるのではありません。

たばこ葉を電気で加熱し発生させた蒸気を吸引したり、溶剤を加熱して蒸気にしたばこ葉の粉末を通して吸引したりするものです。

煙が出ませんが、蒸気が出ます。

 

2016年頃から急速に利用者が増え、人気となっています。

人気の要因にはたばこの健康被害が多くの人に認知され、健康志向が高まってきたことが考えられます。

 

加熱式たばこの代表的なものとしてはアイコス、グロー、プルーム・テックなどがあります。

 

高温加熱式

喫味、ニオイが強いものです。

アイコス、グロー、プルーム・エスなどです。

 

低音加熱式

喫味は弱くなりますが、ニオイが少ないのが特徴です。

プルーム・テック、プルーム・テック・プラスなどです。

 

従来のたばことの違いは?

スポンサーリンク

たばこ葉を燃やす時に発生するタールの量が9割以上少ないという特徴があります。

しかし、たばこ葉を加熱するためニコチンは発生しています。

 

 

煙やニオイが少ないことから「健康への害が少ない」「周りに迷惑がかからない」などのイメージを持っている人が多いと言われています。

 

ネコ
ネコ

加熱式たばこは、実際どの程度の害があるの??

加熱式たばこの害は?

加熱式たばこにも依存性物質のニコチンが含まれています。

ニコチンはヘロインやコカインなどの危険薬物よりも依存性が高いと言われています。

 

またその他にも発がん物質であるニトロソアミンや揮発性化合物であるアクロレイン、ホルムアルデヒドなどの有害物質も多く含まれています。

 

加熱式たばこは蒸気が出るので副流煙の心配はないという人もいますが、これは間違っています。

人は吸い込んだ空気の1/3をそのまま吐き出していると言われています。

そのため、加熱式たばこを吸った人が吐き出した息の中にも有害物質が多く含まれていることが確認されています。

 

つまり、従来のたばこと同じと考える必要があるようです。

 

喫煙による影響

加熱式たばこについては新しく開発されたものであり、長期間の喫煙による害に関するデータがありません。

また研究自体も十分ではないようです。

従来のたばこよりも有害物質が少ないとする研究もありますが、健康に悪影響があるとする研究もあり、現時点では加熱式たばこの害が少ないと判断することは難しいと言えます。

 

 

先でもお伝えしましたが、確実なデータがない以上従来のたばこと同じような影響があると考える必要があります。

 

  • 高確率でがんになる
  • 余命が短くなる
  • 色んな病気の原因になる
  • 寝たきりの原因になる
  • 副流煙(二次喫煙)
  • 三次喫煙

 

などの影響が考えられます。

 

一緒に読んでみて!

【世界禁煙デー】喫煙の肌への影響は?乾燥や老化、くすみの原因に?
世界禁煙デーをきっかけにたばこについて考えてみよう。たばこの害は病気のもとになるだけでなく、美肌の大敵でもあることをわかりやすく紹介しています。

 

肌への影響

「スモーカーズフェイス」という喫煙者特有の顔つきになります。

 

特徴としては・・・

  • 目尻の深いシワ
  • 口元の深いシワ
  • くすんだ肌
  • 乾燥した唇
  • 歯や歯茎の変色
  • 口臭
  • 白髪

などが見られるようになり、実年齢よりも老けた印象となってしまいます。

 

ネコ
ネコ

美容を気にするなら、禁煙すべきだね。

 

まとめ

  • 加熱式たばこは2016年頃から急速に利用者が増えて人気がある。
  • 人気の背景には健康志向の高まりがある。
  • 加熱式たばこはタールの量が9割以上少ないが、ニコチンは発生する。
  • 加熱式たばこについての研究が不十分であり、現時点で加熱式たばこの害が少ないと判断することは難しい。
  • つまり、従来のたばこと同じ害があると考えるべき。
  • 肌への影響もあり、実年齢よりも老けた印象となってしまう。

 

いかがでしたでしょうか?

加熱式たばこについて理解して頂けたでしょうか?

 

研究が不十分であり、害が少ないとは言い切れない加熱式たばこ。

周りの不確定な情報に流されることなく、正しく理解して体も心も肌も健康でいられるようにケアしていきたいですね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(m–m)

スポンサーリンク

 

一緒に読んでみて!

【世界禁煙デー】喫煙の肌への影響は?乾燥や老化、くすみの原因に?
世界禁煙デーをきっかけにたばこについて考えてみよう。たばこの害は病気のもとになるだけでなく、美肌の大敵でもあることをわかりやすく紹介しています。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました