オールインワン化粧品が気になる?効果的な使い方を紹介!

スキンケア用品

スポンサーリンク

1つで複数の化粧品の役割を果たしてくれるという「オールインワン化粧品」

1つで全てのスキンケアができるのは、手軽ですし時短にもなり、とっても魅力的ですよね。

 

しかし実際には、気になっているけど本当に1つで効果が期待できるのか、自分の肌質には合わないのでは・・・などなど、様々な疑問があり、なかなか試せていない人も多いと思います。

 

そこで今回は、オールインワン化粧品のメリット・デメリットから効果的な使い方まで紹介し、みなさんの疑問を解決していきたいと思います。

 

オールインワン化粧品とは?

「オールインワン化粧品」とは、一般的に1つの化粧品で複数の役割を持つ多機能性化粧品のことを言います。

オールインワン化粧品の多くは、化粧水・美容液・乳液・保湿クリームなどの基礎化粧品の効果がまとめられたものであり、「ゲル」と呼ばれるものと、「ジェル」と呼ばれるものがあります。

 

一般的にゲルタイプはジェルタイプよりも水分が少なく、やや弾力があり、しっとりとした使い心地のものが多いようです。一方、ジェルタイプはゲルタイプと比べると水分が多く、みずみずしくさっぱりとした使い心地のものが多いようです。

 

 

しかし実際のところ「オールインワン化粧品」には明確な定義は存在しないそうです。

 

オールインワン化粧品の効果

 

では、一般的な基礎化粧品と比べたときのメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

メリット

  • 配合成分が多く、オールマイティーである。
  • 基礎化粧品のコストを抑えられる。
  • 時間の節約ができる。
  • 化粧品をつける際の肌への負担が軽減できる。

 

デメリット

  • 1つの成分の効果が控えめである。
  • 配合成分が多いため、肌質や肌の状態によっては刺激となることがある。
  • 1つでは肌の調子に合わせたケアが難しい。

 

どんな人・肌質におすすめ?

スポンサーリンク

おすすめする人

  • 仕事が忙しい人
  • 子どもが小さくて自分のことにあまり時間が割けない人
  • 化粧品にかかるコストを減らしたい人
  • 自分の肌に必要なケアがわかっている人
  • 肌悩みが多くない人

 

などが向いていると思います。

 

基礎化粧品としては化粧水・美容液・乳液など単体での使用の方が、1つ1つの効果は高く、肌悩みにピンポイントで作用してくれます。

しかし、上記のような人であればスキンケアを全くしないよりは、多少性能が劣っていてもオールインワン化粧品を使った方が肌には良いと考えるからです。

 

おすすめの肌質

商品によって肌に合う・合わないがあるため一概には言えませんが、配合成分が多いものは敏感肌や乾燥肌、肌の弱い人には刺激が強い場合があります。

しかし反対に、スキンケアで擦りすぎ・触りすぎてしまうという人は、敏感肌や乾燥肌であってもオールインワン化粧品の方が刺激となりにくく、合っているという場合もあります。

 

それぞれの肌質や肌悩みに合ったオールインワン化粧品を使用すると良いでしょう。

また、肌悩みに合わせて美容液やクリームなどを追加するのもおすすめです。

 

効果的な使い方

使い方はとても簡単です。

 

  1. 適量を顔全体になじませる。
  2. もう一度薄く重ねて塗る。
  3. 両手で顔全体を覆い、10秒ほどハンドプレスする。

 

たったこれだけで、スキンケアが完了してしまいます。本当に画期的ですね!

ポイントは肌に浸透させるようになじませることです。

 

 

例えば、忙しい朝をオールインワン化粧品に、夜は美容液などのアイテムを追加してしっかりじっくりケアするというのもおすすめです。

 

まとめ

  • 「オールインワン化粧品」とは、1つの化粧品で複数の役割を持つ多機能性化粧品のこと。
  • メリットも多いが、デメリットもあるため自分の肌質や肌の状態をみて使用する必要がある。
  • オールインワン化粧品の使い方のポイントは、肌に浸透させるようになじませること。
  • 肌悩みに合わせて美容液やクリームなどを追加するのもおすすめである。

 

メリットも多く、とても魅力的なオールインワン化粧品ですが、単体の基礎化粧品と比べると、効果は劣っていまいます。生活スタイルや自分の肌状態に合わせてスキンケア用品を使い分けるのも1つの方法だと思います。

自分に合うものを見つけて、綺麗な肌を作っていきましょう。

スポンサーリンク


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました